マイスター制度とは

マイスター制度は、ドイツの誇る職能訓練制度であり、「マイスター」の称号は熟練技術者にとって最高国家資格です。

「マイスター」は日本語の「親方」や「名人」に当たり、13世紀頃にドイツ中世都市に住む手工業者たちの間で生まれ、1953年に社会制度として法制化されました。

マイスターは、手工業マイスターと工業マイスターに別れ、ドイツでは、国家資格「マイスター」の資格を持たない者は、工業法に盛り込まれた職業に関し、国内で開業することが出来ないのです。
| 日記
タグクラウド
カテゴリ
日記(7)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。